【結論】ブログ書くなら朝活?夜活?

ぶロフ 朝活ブログ

ブログの記事をもっと効率的に書きたい!

そんな悩みにお答えします。

ブログの記事を書くなら朝活がオススメです。

なぜなら、 朝起きてからの2〜3時間は1日の中でもっとも集中して物事に臨みやすく、自分をコントロールする力が高まっているからです。

 

集中力を測定できる新型のメガネ「JINSMEME(ジンズミーム)」の実験でも、朝のほうが集中力が高い傾向にあるとされています。

「ジンズミーム」を使った500人の平均のデータによると、1日でもっとも集中力が高い時間帯は、朝6時~7時。

 

朝活で脳の力を最大限に生かして効率的に作業し、自分の自由な時間を作りだしましょう。

それでは解説していきます。

スポンサーリンク

朝活とは?

朝活とは「朝活動」を略した言葉。

朝早起きして仕事や学校が始まるまでのあいだに、勉強や趣味などを行うこと。

多忙なビジネスパーソンやブロガーなどの間でも、一日の時間を有効につかえると、増えています。

朝活でブログを書くメリット

朝にブログを書くメッリトは3つあります。

  • クリエイティブな発想がしやすい
  • 邪魔が入りにくい
  • 疲れがない

朝の時間をどう使うかによって、その日1日が決まると言っても過言ではありません。

クリエイティブな発想がしやすい

睡眠中に私たちの頭の中は整理整頓されます。起きてすぐの脳の状態は整理されていて脳の力を発揮しやすくなっています。

 

脳科学の研究によると、朝起きてからの2時間の間に最もクリエイティブな力を発揮することが分かっています。

 

  • AppleのCEOティム・クック
  • スターバックスのCEOハワード、シェルツ
  • Amazonの創業者ジェフ・ベゾス

などの大企業の著名人達の共通点が早起きです。

 

また、アメリカのベストセラー作家で「スタンド・バイ・ミー」「グリーンマイル」などの作品で知られているスティーブン・キングも午前中に執筆をしています。

 

朝活でブログを書くということは、集中力があって効率が良いだけでなく、クリエイティブな発想から文章のクオリティもあがることにつながります。

邪魔が入りにくい

夜作業していたりすると、スマホのLINEがなったり、電話がかかってきたりしませんか?

多くの方は夜に主に活動しているので、連絡が来ることは止められないですよね。

早朝から連絡をしてくるほうが少ないので、朝の方が、邪魔されずブログの執筆に集中できます。

疲れがない

十分な睡眠がとれていれば、疲れはありませんよね。

疲れは集中力を下げる要因です。朝の疲れていない状態は集中力を使う作業をするのに理想の状態です。

脳だけでなく体もベストな状態で作業をすることができます。

疲れと集中力についてはこちらでも記事にしております。

朝活でブログを書くデメリット

冬は寒い

冬の早起きはツライ。予定の時間に目が覚めても、寒くて布団からでられない。

二度寝しちゃった・・・

寒さは早起きにとって障害です。

冬の早起きを成功させるには、起きる時間に暖房のタイマーをセットするなど環境を整えましょう。

早起きしたけど寒くて集中できないなんて状況にならない為にも環境作りは大切です。

副業の場合、勤務形態で難しい場合がある

学生や専業の方は問題ありません。

しかし副業でブログをしている場合、交代制や夜勤などの勤務形態により朝活動することが、そもそもできないということもあります。

夜活のおすすめは?

人は寝る前に目からは入った情報は記憶に残りやすい性質があります。

その性質を利用して

  • 読書する
  • 勉強する
  • 調べものをする

などの自己投資の時間に使うことをオススメします。

 

くれぐれも早起きに影響がでないように気を付けてくださいね。

ブログと朝活と夜活についてのまとめ

ブログの記事を効率よく書くには、疲れがなく誰にも邪魔されずに、クリエイティブな発想をしやすい朝活がおススメです。

時間を上手に使い、自由な時間を増やし、人生を豊かにしていきましょう。

あわせて読みたい記事はこちら

ジンマル

地方住みの30代のイクメン副業ブロガー
趣味は映画、漫画、よさこい、ダンスなどの体を使った表現者から、ブログで言葉を使った表現者へ転身。
生活の質を少し良くする情報を発信中

ジンマルをフォローする
ブログ
スポンサーリンク
ジンマルブログ
タイトルとURLをコピーしました